ソリューション

ソリューション

ArchiTwinソリューション
Architwin

デジタルツインとは、物理空間の情報をサイバー空間で再現することを指します。
ツインとは「双子」の意味で、デジタルツインとは、そのまま「デジタルの双子」を意味します。
サイバー空間で物理空間の情報を再現することによって、遠隔管理することができます。

デジタルツイン

PC上で現実の状況を把握可能

Architwin
  • DigitalTwin 
  • Scanning 
  • Communications 

Step1

スキャニング

現地測量(MP、BLK360)

  • Matterport Pro2 Matterport Pro2
  • LEICA BLK360 LEICA BLK360

撮影事例:イベントホール、神社仏閣、工事現場、美術館ほか

Step1 スキャニング

Step2

遠隔管理および
コミュニケーションツール

Matterportと連携したデジタルツインによる遠隔管理システム。
各現場管理の体系化(管理者、地域、経過時間、画像、通信など)を実現します。

Step2 管理/コミュニケーション

 
開発(SDK・APIなど)

開発例として、「家具レイアウト」、「IOT表示」、「LiveStreem掲示板:、「WEBCAM掲示板」などの開発があげられます。ご興味がある方はご相談ください。

Step2 開発(SDK・APIなど)

Step3

解析

デジタルツイン技術を使い、事前検証を行います。

Step3 解析

BIM作成

Step3 プレゼンテーション

参考

コミュニケーションロボット

遠隔で、「現地」と「お客様」を繋ぐ
コミュニケーションツールとしてロボットがあります。

  • Kubi kubi
  • Temi temi

ArchiTwin株式会社
住所:〒104-0061
東京都中央区銀座一丁目22番11号 銀座大竹ビジデンス2階
電話番号:03-5404-3471
設立年月日:2020年6月16日
代表取締役:関 良平
営業品目:デジタルツインに関する業務(データ収集、解析ほか)

メールアドレス:contact@archi-twin.com

© 2021 ArchiTwin.
↑